Profile

▼English ▼中文

西村 一成 (にしむら いっせい)

1978年 名古屋市生まれ
2000年頃より独学で絵画制作に没頭。
独白記のような、自身の破片としての絵画を制作している。


– 受賞歴・展覧会歴 –

2016年

  • 「あいちからの発信/発進 −あいちから世界へ−」(あいちトリエンナーレ2016関連企画)名古屋市民ギャラリー矢田/愛知

2015年

  • FACE2015 損保ジャパン日本興亜美術賞 入選  損保ジャパン日本興亜美術館/東京

2014年

  • 第29回ホルベインスカラシップ奨学者
  • 第2回美術新人賞デビュー(月刊美術)入選  フジヰ画廊・ギャラリー和田/東京
  • 第2回宮本三郎記念デッサン大賞 入選  宮本三郎美術館・世田谷美術館/石川・東京
  • GOLDEN COMPETITION2014 入選  ターナーギャラリー・アートコートギャラリー/東京・大阪

2013年

  • トーキョーワンダーウォール公募2013 入賞  東京都庁第一本庁舎/東京

2012年

  • あいちトリエンナーレ展開事業アーツ・チャレンジ゙2012入選  愛知県芸術文化センター/愛知

2011年

  • 第1回宮本三郎記念デッサン大賞 入選  宮本三郎美術館/石川

2009年

  • 名古屋発・現代美術展「Dアートフェスティバル2009」入選  ダイテック・サカエ/愛知
  • トーキョーワンダーウォール公募2009 入選  東京都現代美術館/東京
  • GOLDEN COMPETITION2009 入賞・入選  O美術館/東京
  • 第20回愛銀教育文化財団助成 受賞

2008年

  • リキテックスビエンナーレ2008 入選  青山スパイラルガーデン/東京

2007年

  • シェル美術賞2007 入選  代官山ヒルサイドフォーラム/東京
  • 第17回青木繁記念大賞公募展 入選  石橋美術館・郡山市立美術館/福岡・福島
  • 第5回池田満寿夫記念芸術賞 佳作 銀座洋協ホール・大阪府立現代美術センター/東京・大阪

2006年

  • 第91回二科美術展 入選  上野の森美術館/東京

– 個展 –

2018年

  • 「第6回 西村一成個展 Sixth Sense 2018 」京ギャルリー宮脇/京都

2017年

  • 「第5回西村一成新作展 Selected Paintings 2016」ギャルリー宮脇/京都
  • 「春雷に打たれた如く 西村一成展」
    ハートフィールドギャラリー/名古屋、ギャルリードゥ・セーヌ八事

2016年

  • 「西村一成新作展 ISSEI AND THE DEVIL BLUES」ギャルリー宮脇/京都
  • 「西村一成新作展 ISSEI AND THE DEVIL BLUES」十一月画廊/東京
  • 「西村一成新作展 叫ぶ/描く」ハートフィールドギャラリー/名古屋

2015年

  • 「西村一成新作展 ISSEI AND THE DEVIL BLUES」 ハートフィールドギャラリー/名古屋

2014年

  •  「西村一成絵画展 幻たちのブルース」 ギャルリー宮脇/京都
  •  「僕は絵筆持つ鬼でして」 東桜会館ギャラリー/名古屋

2013年

  • トーキョーワンダーウォール都庁2013 東京都庁第一本庁舎/東京
  • 「僕は翔ぶ!」 東桜会館ギャラリー/名古屋

2012年

  • 「目の中の目 西村一成個展」 ギャルリー宮脇/京都
  • 「何ぼくは何」 東桜会館ギャラリー/名古屋

2011年

  • 「絵画=内面の表皮 西村一成個展」 ギャルリー宮脇/京都
  • 「僕の破片」 東桜会館ギャラリー/名古屋

2010年

  • 「ぼくの世界のそれから」 東桜会館ギャラリー/名古屋
  • 西村一成アンコール展 「Dear Issei」 カーデンギャラリー・日進市立図書館/愛知

2008年

  • 西村一成展 「こころの色 心のかたち」の表現 タカヨシ・メキシコ美術館/愛知(’09も)

 

 

 

Issei Nishimura

was born in NAGOYA in 1978.

has been devoted himself to painting in his own way since the age about 20.

received awards in The Nika Ebhibition (2006), Shell Art Award (2007), The Commemorative Art Exhibition of Masuo IKEDA (2007), The 17th Memorial Exhibition of AOKI (2007), The 12th Liquitex Biennale Exhibition (2008), Tokyo Wonder Wall Exhibition (2009) and more.

His works are highly appreciated by artists, art directors and art dealers and a high hope is placed for his creative works in the future. He keeps painting what he wants to paint at a ferocious pace in his home studio.

“For me to paint is the instinctive desire to live ! “

 

Awards and Exhibitions

2014

  • Selected for The new face award for Fine Arts “Debut” 2014
  • The 7th Solo Exhibition “You know, I’m a devil, holding painting brush in myhand !”
  • Received The 29th Holbein Scholarship

2013

  • Received Tokyo Wonder Wall Award in Tokyo Wonder Wall Exhibition 2013
  • Selected for The 2nd Saburo MIYAMOTO Commemorative Award of Design

2012

  • Arts Challenge 2012
  • Selected for Aichi Trienniale Arts Challenge 2012

2011

  • The 4th Solo Exhibbition ~My Pieces~
  • at  HIgashi Sakura Kaikan Gallery,  from  Apr.30  to  May 7, 2011
  • One Piece Club Exhibition
  • Border-less Art Museum NO-MA: Spring Special Exhibition ~Scenery of Mind~
  • Galerie Miyawaki : Summer Special Exhibition 「Issei Nishimura Solo Exhibition/
  • Paintings=the outer surface of the inner self 」
  • The 1st Saburo MIYAMOTO dessin Award
  • POCORAT 2011 Award

2010

  • An encore exhibition  「Dear Issei, once again」
  • The 3rd Solo Exhibition  at Higashi Sakura Kaikan Gallery,  from  Apr.25  to  May 2, 2010
  • The 2nd Verba Actus Assemblage Art Show

2009

  • Tokyo Wonder Wall Exhibition
  • From Nagoya-Contemporary Art Exhibition D Art Festival

2008

  • The 12th Liquitex Biennale Exhibition

2007

  • 2007 Shell Art
  • The 17th Memorial Exhibition of AOKI
  • The Commemorative Art Exhibition of Masuo IKEDA

2006

  • The Nika Exhibition

Issei Nishimura

ISSEI NISHIMURA於1978年出生於日本,名古屋。 他年幼的時候,非常熱衷於畫畫。 從20 開始,他就開始致於力畫作上的自我創作。 他的獲獎無數,曾獲得2007年池田滿壽夫藝術紀念館, 2007年第十七屆青木紀念展, 2008年第十二屆雙年展覽館, 2009年東京奇幻畫展等等。他的才華得到很多藝術家,藝術總監和藝術商的讚賞,並對於他未來的作品都給予高度的期望. 他持續不斷的在自己的工作室 ,創作出驚人的畫作。