西村一成ドキュメンタリー映画「かいじゅう」2024年公開

東京・新宿 K’s cinemaにて6月29日(土)~7月12日(金)上映

全国各地劇場での上映も予定

是非ご鑑賞ください!!

*Instagram
kaiju_artmovie
https://www.instagram.com/p/C6LhUgSv5wj/

COMMENT

一成さんと僕が初めて会ったとき「午前中なら調子がいいから、大丈夫かもしれない」と一成さんは言った。夕方は苦手らしい。不安になるという。だから最初は「午前中の1時間くらいだけ撮影しましょうか。無理して絵を描かなくてもいいですよ」そんな約束をして別れた。
撮影初日、一成さんは絵を描かなかった。ただお互いの好きな音楽の話をした。僕も音楽は好きだが、一成さんはさらにマニアックだった。その日は気に入ったCDを1枚借りて帰った。帰りがけ「次はいつ来るの?」と一成さんが言った。2週間後にまた来る約束をして、その日は帰った。
2週間後。朝カメラを持って訪ねると、一成さんは縁側でタバコを吸っていた。猫の“ちくら”は一成さんの側でじっとしながら「なんだコイツ」と僕を見ている。一成さんはふぅーっとタバコの煙を吐くと、立ち上がり耳栓をしてから、巨大なキャンバスの前にゆっくりと歩いていった。そしてキャンバスの前に立ち止まると、長い間黙って宙を見つめている。「何が起きるのだろうか?」突如、一成さんが絵筆を握り立ち上がる。唸り声を上げながら、アクリル絵の具をたっぷりとつけた筆をキャンバスに叩きつける。なんだかわからない模様がキャンバスに現れる。一成さんは唸り声を上げて、何度も何度も絵筆を振るう。夢中になって撮影していると… いつのまにか、キャンバスには「顔」のようなものが浮かびあがり、その目は僕をじっと見つめていた。「お前が俺を撮るように、俺もお前を見ているぞ」と言っているようだった。一成さんが家族以外に創作の現場を見せたのは、この日が初めてだったという。
あれから1年、僕は西村家に通い続けた。午前中1時間だけの撮影は、2時間3時間…と伸びていった。2泊3日で撮影したこともあった。カメラはただただ回り続け、西村一成の日常は1本の映画になった。映画のタイトルは一成さんの甥っ子がつけたあだ名にした。

監督 伊勢朋矢


ISSEI画伯と伊勢監督の二人が、
深海へ潜るように心を通わせている。

片耳がちぎれた猫の涙は、
したたる絵の具となり、
ジェントルモンスターの絵筆と戯れた。

切実に生まれつづける絵々は、
唸り声と掻き鳴らされたギターのまにまに
うっとり身を委ねている。

「私たちの人生っていったいなんだろう」

これほどまでに雑音のないドキュメンタリーを
見たことがない。

内田也哉子

企画展「ひ ら い て、むすんで」

好評開催中!

「ひらく」「むすぶ」という視点から絵画や彫刻、映像やインスタレーションなど22名の国内外の美術作家による作品が紹介され、
西村一成の作品は、絵を描き始めた2000年頃から最近作までの厳選された12点が展示されます。
アーティスト・トーク、ワークショップ、ギャラリートークも開催されます。

どうぞ、お出掛け下さい。

2024年4月13日(土)~6月16日(日)10:00~17:00
休館日:毎週月曜日

岡崎市美術博物館
〒444-0002愛知県岡崎市高隆寺町峠1 岡崎中央総合公園内
TEL0564-28-5000 http://www.city.okazaki.lg.jp/museum

西村一成展示作 「不幸よ不幸 幸せか」